読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルイミグラント

「デジタルイミグラント」というテーマで最初から書きます。

最初は、ブログです。

下は、ウィキペディアから引用(コピペ)です。

 

~ブログ (blog) は、狭義にはWorld Wide Web上のウェブページURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種である。「WebをLogする」という意味でWeblogウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった[1]。ブログの執筆者はブロガー (blogger)、ブログの個別記事はブログエントリーと呼ばれる。~

 

そして

~ブログの他にもSNS口コミサイトを総称してCGMと呼ぶこともある。~

(同上)

CGM」でひっかかりました。

~Consumer Generated Media(略称:CGM)、「消費者生成メディア」などと訳される。~

(同上、但し意味が通じる限りで途中の文言を省略しました)

 

大事なことは、こんなふうに何かついて書こうとすると次々と新しい言葉が見つかるということです。

 

閑話休題

 

生後、成長期にインターネットがあった世代をデジタルネイティブと呼ぶことにして、それ以前の世代をデジタルイミグラントと呼ぶことにしたそうです。

このような経緯を「デジタルイミグラント」というカテゴリで「ライブドアブログ」に書きました。

 

その後、使ってみた結果「デジタルイミグラント」というカテゴリの記事は、この「はてなブログ」に書くことにしました。

いわゆる引っ越しのようなものです。

 

私こと

アラサーでコンピュータに出会った典型的なデジタルイミグラントです。

「あんなことがしたい」「こんなことがしたい」~「でもできない」

こんな思いで数十年

「だんだんできるようになってきた」数十年です。

 

そんな意味で、色々と考えたことを書こうとしている、

それがこのページ、つまりデジタルイミグラント・テーマの記事なのです。

 

というわけで、引っ越しの辞ですが・・・・

 

ブログ比較について

ちょっと

書き加えます

 

私は、

ビッグローブの提供するブログからスタートしました。

単に

無料ホームページの残量が少なくなったから、代わりにこちらを使おうという程度の動機でした。

9年前でした。

主にマトリョーシカネタで書きました。

 

その後、1912年6月にアメブロを始めました。

12~3歳の少女に教えられて~

というのが動機でした。

 

その後、アメブロに関係した、少年逮捕を含む、非行問題が話題になりました。

 

若者と接するためには、デジタルメディアを学ばなければならないと思いました。

そして

ライブドアブログ、グーグルブロガー等、色々なブログに挑戦し

フェイスブックツイッターフリッカーフォト蔵スカイプ、ライン等々、

色々なデジタルメディアに手を出しました。

 

それぞれがそれぞれの使用目的があります。

それぞれを使いながら、それぞれの使い心地やや問題点を書こうと考えるようになりました。

いわゆるメタ認知でしょうか。

 

そんな話題を括るのが「デジタルイミグラント」というテーマなのです。

 

これを「ライブドア・ブログ」に書いていたのですが、今回、「デジタルイミグラント」というテーマで書きたい記事は、こちら、「はてなブログ」に書くことにしました。

 

 引っ越しの辞でした。

 

 

 

 

 

 

2017年3月10日BSニュース色々

BBCの学力問題については先に書きましたが、その他色々についてじっくり考えたら、考えている内に忘れてしまいそうな気がして、考えずに記録だけ残すことにします。

 

その1

エボラ出血熱でゴリラが犠牲になっているそうです。

ゴリラ保護のために血清を打とうという話でした。

 

その2

フランスの労働法規の話です。

ウェブ検索で詳報がみつかりませんので、うろ覚えでメモします。

労働者にフランス語を求めるという改革案のような話でした。

ユーロですから、国境付近で、例えば

ドイツに住んでフランスで働くというような働き方も可能です。

そこでフランス語能力を求めると、一部のドイツ人労働者が働けなくなるという発言がありました。

ユーロ圏は、このような問題があるのですね。

日本は、日本語が大きな障壁になっているわけです。

と、

思いました。

 

その3

ロシアとトルコが歩み寄っているというニュースでした。

後ろで流れている言語はロシア語でしたから、ロシアのニュースなのでしょうが・・・・

「ロシアとトルコの関係が良くなる」というようなプーチンの発言

「以前から良好だ」というエルドアンの発言・・・・を

聞いたような気がします。

 

取り急ぎ

備忘録として

3月10日のメモです。

 

 

 

2017年3月11日(土)イギリスの教育論争

今日は、考えることがたくさんありました。

BSニュースです。

順に、思い出しながら書きます。

まず、イギリスの教育です。

「より簡単な教科を履修させている」という批判。

このことが学力の低下につながるという批判なのでしょう。

「習得できない課題を出して無資格者を増やすより、簡単な課題であっても習得させて資格を与える方が国民の水準をあげることになる」

こんな議論でした。

 

日本の「ゆとり論争」と似ていますか。

少し違うかもしれませんが・・・・

 

BBC」「学力」などで関連記事を検索したのですが、私は、見つけることができませんでした。

代わりに見つけたのが下。

 

tech-progress.net

 

昭和63年、64年、平成元年、教務主任として当時の新教育課程にかかわった時

「今後生産部門で200万人程度が不要になる。代わりに情報部門で200万人程度の需要が生じる」と聞きました。

当時の課題は、

「国際化への対応」「情報化への対応」~等でした。

学校にコンピュータルームを作ろうという動きが始まった頃でした。

 

「ゆとり」も話題になっていました。

「おちこぼれ」も問題になりました。

「おちこぼし」という教師に厳しい言葉も生まれました。

 

「ちょっとちがうでしょ」

と感じました。

 

優秀な人材が必要で

優秀な人材を育てようとしたら

優秀に育つ人々と優秀になれなくて苦しむ人々が出てくるのは、

当然なのではないでしょうか。

 

いわゆる「知識詰め込み教育」を受けて

「知識詰め込み教育」に反発して育った私は、

人生の終わりに近づく昨今、若者の知識不足が気になって仕方がない。

 

閑話休題

 

高校も大学も進学率がアップしました。

今の大学院は、昔の大学程度でしょうか。

だったら、今の高校は、昔の中学校程度で良いのかもしれません。

 

英国教育に刺激された問題に戻ります。

 

「簡単な課題を習得させている」という「学力低下」を憂う意見。

「困難な課題を設定して不合格にするより良い」という反論。

「そのことによって学力が低下する」という再反論。

 

ゆとり論争より、こちらの方がわかりやすい。

 

こんな風に、自分の頭を整理しました。

 

まだまだ考えることはたくさんありますが、

今日は、この程度にしておきます。

 

 

 

 

写真(焦点距離と見え方)

ズームレンズを使って建物が画面いっぱいになるようにしながら建物に近づいていきます。

まず、遠くから写した写真です。

 

f:id:babayaga2101:20170301182251j:plain

建物に近づきます。

f:id:babayaga2101:20170301182412j:plain

さらに近づきます。

月遅れですが

1月3日に亡くなられたそうです。

故人の遺志で葬儀は行わない。とか。

渋い演技や葬儀の件とかにシンパシーを感じて描きました。

 

f:id:babayaga2101:20170211194147j:plain

 

20170105スケッチ

今年の描き初めです。

 

 

rw500DSCN3275
rw500DSCN3275 posted by (C)Koschei

 

制作時間は、早切りしましたので、3時間弱。

モデルさんの休憩時間を引くと2時間程度でしょうか。

いきなり手から描き始めて上半身、下半身の順に描きました。

後悔先に立たず。

しっかり位置取りし当りをつけて描かなければいけません。

実は、それらを省いて一気に描く練習をしているのです。

もう少し右に描くべきでした。

帰宅してからスキャンしてレタッチしたのが下です。

 

w500rmDSCN3275
w500rmDSCN3275 posted by (C)Koschei

 

はてなブログ最初の書き込み。

ここまでは、順調です。

後で少し手を加えますが、取り急ぎアップです。

 

後日談です。

実は、カーソルが乗ると絵が変わるようにしたかったのです。

上の絵が常時表示されるもの。

カーソルが乗ると下の絵に変わる。

そんなことをしたかったのです。

そうすると、構図の説明がしやすいと考えました。

 

今のところ、私の力量では、できませんでした。

 

多分HTML編集のミスだと思うのですが・・・・

不十分ながら、ライブドアブログでは、動かすことができましたので、

ここにリンクを張っておきます。

 

取り急ぎ

後日談でした。