サイレントチェンジ

書き始める前に"silent change"が通じる英語なのか日本式造語なのか確認しようと思ったのですが、まだウィキペディアで取り上げられていない丹生で、英文で検索してもうまく見つけることができなくて、もしかしたら日本式造英語じゃないかなあと不安を感じながら書きます。

でも、"silent change"は、訳したら「静かな、変化」ですから、最悪「I have not pen」みたいに、文法的にはいざ知らず、多分英語としても通じるでしょう。

そんな意味で、"ホームドア"ほど罪深くないでしょ。

余談ながら「ホームドア」は多分"form door"つまり"platform door"を表現したいのだと思います。

これは、ウィキペディア日本語版で「英語では Platform screen door またはAutomatic platform gate と呼ばれ」と書いてあるように、全く通じない和製英語ですから、念のために付記します。

 

さて、サイレントチェンジです。

 

実は、

2017年11月3日(金)の新聞ニュース

富士通がパソコン部門をレノボに売却というニュースを見て、この記事を書きたくなりました。

 

事例からです。

 

10数年前、パソコンが起動しなりました。

驚いたのですが、なんと電源ACアダプターの不調。

他社製品の電源ACアダプターを使えば、電流量の表示が異なるのに、パソコンは、無事起動しました。

説明書では「してはいけない」と書いてある、他社部品の使用です。

メーカーは、パソコンの買換えを勧めてきたのですですが・・・・

このパソコンは、その後数年、しっかりと働いてくれました。

こんな脆弱な商品を販売して安易に買換えを勧めるメーカーなんて信用できないと思いました。

 

ところで

 

この電源ACアダプターは、躍進著しい、経済規模世界トップクラスの開発途上国産。

10数年前ですから、

パソコンメーカーは、今のように国内メーカーが外国産業と共同出資しているようなメーカーではなくて、国内のメーカーでした。

このメーカーから直接インターネットで購入し自宅に直送されたパソコンの電源ACアダプターが外国産で・・・・

電源ACアダプターが真っ先に壊れたのでした。

 

10数年前といえば、国内企業が経費削減の目的で人件費の安い海外に工場を移して、その後技術流出が問題になった頃です。

 

その時から、商品としてのメーカーではなく、商品に附属する部品全ての産地に目を配るようになりました。

 

そして、同時に、純国産品の購入が絶望的であることを知りました。

 

 

 

少し前、NHKのニュースで「サイレントチェンジ」について報道されました。

 

親会社→下請け→孫請け→部品メーカー・・・・という具合に辿っていくと

どこかで、微妙な、仕様変更が行われていて、

それがネジ釘、座金類のレベルになると

数年という

製品の保証期限を過ぎたころに不具合が発生するおそれがあるという記事でした。

 

紹介されたのは

ホーム炬燵の熱源を固定するネジとネジ受け。

これが経年劣化して熱源部分が熱いまま落下して下敷き布団を燃やすという例でした。

 

数年前に、スマートフォンの充電中発火という事件が報道されました。

その後、リチウム電池は衝撃を与えると発火する虞があるという報道もありました。

ユーザーの使い方が間違っていると事故につながるという話です。

さて

メーカーは、サイレントチェンジのチェックを強化しつつあるようです。

ユーザーの間違った使用にも注意を促しているようです。

 

こうしたことは、

見守るしかないのでしょうが・・・・

 

10数年前の私の電源ACアダプターは、サイレントチェンジの走りではなかったか・・・・などと

 

そして

こののように、ユーザーが不便を忍ばされるケースは、少なくないのではないか・・・・

 

などと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通信機器の買換え

スマホの買換えにつきあって古い使わなくなるスマホを貰って電話抜きの通信機器にした話の続きです。

この時、私もモバイルルーターを買い換えました。

古いスマホを貰って、ルーターを買い換えて感じたことを書きます。

f:id:babayaga2101:20171029194347j:plain

左が今回解約することにしたルーター。右が新しく契約するルーターです。

買い換えることにしてから気づきました。

左のルーターにはストラップ穴があるのですが、右のにはない。

 

f:id:babayaga2101:20171029194633j:plain

この写真。

こんなふうに紐をつける穴がない。

鞄から滑り落ちそうで不安。

というわけで小さな布の袋に入れて持ち歩くことにしました。

 

スマホは、シム抜きですが、それでも、今回初めて持つことになります。

そこで気づいたのがストラップホールがないこと。

ウェブ検索をすると

カバーに穴を開ける方法とイヤフォンジャックを使う方法が紹介されていました。

というわけで

私はカバーに穴を開けました。

f:id:babayaga2101:20171029195324j:plain

f:id:babayaga2101:20171029195344j:plain

紐をつけることって大事だと思うのですが

メーカーは、何を考えているでしょう。

 

 

 

電話抜きのスマートフォン

スマートフォン(以下スマホと略称)の買い換えにつきあって古い、シムカードの働かないスマホを貰った話です。

厳密には、私は、いまだにスマホを持っていない事になりますが。

我が家は、光通信からワィファィを飛ばしていますから、これにつなげばシムカード抜きのスマホも通信ができます。

この通信を使ってライン、スカイプ、グーグルやヤフーの検索やメールをインストールしました。

これらのアプリケーション(以下アプリと略称)は、基本的にクラウドと呼ばれる業者の提供するエリアにユーザーの情報が保存され、ID(identification)とパスワードを打ち込めば、従来のアプリが使えます。

IDは、名前のようなもので、メールアドレスを名前代わりに使う場合が多いようです。

そこで少し名前を替えれば、自分のデバイス通しでも情報のやりとりができたり、共有できたりします。

例えば

マイクロソフトのワンドライブ、グーグルのグーグルドライブやグーグルフォト、ヤフーのメールやディスク、ドロップボックスなどは、全てのデバイスから同じ所へアクセスします。

でも、ウェブストレージは、自分のハードディスクほど信用しきれないから、自分のハードディスクにもバックアップをとります。

そして

数枚の写真をやりとりしたいときは、メール添付で送信していました。スカイプを使うようになってから、この画像の転送が手軽になりました。

ラインを使えば、もっと楽になると思ったのですが・・・・

ラインは、携帯電話番号で個人を特定する上に、一つの電話番号で一つのアカウントしか使えません。

新しいデバイス・・・・

今回の場合、貰ったスマホ

これにガラケーの電話番号を使ってラインを設定すると、今まで使っていたアイパッドのラインが使えなくなるのです。

困ったサービスです。

幸い、私は、フェイスブックアカウントを持っていましたので、これでもう1本ライセンスをとることができました。

でも、不便です

と言いますか、使い勝手が悪い。

 

スカイプは、私の場合、デスクトップパソコン、アイパッド、ギャラクシータブレット、新しいシム抜きスマホに入っています。

ちょっとした画像のやりとりに使いやすいです。

 

 

 

アイパッド

私が使っているアイパッドは、9.7インチ。

世界中、ほとんど国がメートル法なのに、テレビやディスプレイは、ヤード・ポンド方。

コンピュータや通信技術が、いかにアメリカに席巻されているか、改めて痛感します。

 

閑話休題

私は、人物クロッキーはB5サイズがベストだと考えています。

これをディスプレイサイズに換算すると約12インチ。

 

改めて余談

12インチが1フット(単数形)

なのですね。

 

本題に戻します。

アイパッドプロに12.9インチというのがあるのですが、さすがにモバイルとしては手に余りそう。

というわけで、9.7インチを使っています。

 

電車内で気になる光景を見たら、後刻、思い出して描くのです。

というわけで、今回は、ここで、そんな絵を披露します。

 

f:id:babayaga2101:20171029161022j:plain

こんなのは、如何でしょうか。

もうひとつ。

f:id:babayaga2101:20171029161035j:plain

またに荷物を挟みたければスラックスを履いてほしいものです。

 

一瞬網膜に移って

心にが残って

後刻、心の傷を治すために絵画療法やってるだけですが・・・・

 

スマートフォンだと縦長になって、対角線5インチ程度になりますから、描くには少々きついのです。

 

でも、最近は、あいパッドが重く感じられるようになりまして

5インチのスマートフォンにしようかなどと考えるのです。

 

使い古しの、箱としてのスマートフォンをためそうと考えるようになった動機でした。

 

 

20171021スマートフォン

スマートフォン買い換えにつきあって、古い箱を頂きました。

新しい機種にシムカードを入れて購入しますと、古いスマートフォンは単なる箱になりますので、私は「箱」と呼んでいまして、これを頂いたのです。

 

私は、スマートフォンを持ったことがありません。

どんなことをしているかと言いますと、

電話は、ガラケー

ウェブは、アイパッドやギャラクシータブレット

これらは、モバイルルーターで通信します。

アイパッドタブレットもシムカードを入れれば通信できるのですが、1機種に限定されることと、電池の消耗が大変、多分毎日充電しなければならないでしょうから、スマートフォンもシムカード入りタブレットも使ったことがないのです。

それに、モバイルルーターは、自宅外のパソコンをインターネットにつなぐこともできますので、私としては、この組合せが気に入っているのです。

 

問題は、ほとんどの知人が持っているスマートフォンの使い心地がわからないこと。

試してみたいと思っていたのですが、幸い、シムカードは入っていませんが「箱」としてのスマートフォンが無料で手に入ることになったのです。

 

シムカードの入っていないスマートフォンは、ワィファイで通信できますから、屋外ならモバイルルーター、屋内なら光通信から飛ばしているワィファイを使えば十分に使えるはずです。

つまり、電話と通信会社のサービス以外ならたいていの事ができるはずなのです。

 

この、「空き箱」を使えるようにした話は、別に書きます。

 

 

 

 

OJUN、棚田康司 展

先に書きました伊丹市立美術館「OJUN、棚田康司 展」の話です。

今回は、見学記録です。

f:id:babayaga2101:20170726213843j:plain

撮影OK(タッチ不可)

おもしろい表示です。

壁の、床に近い、低いところに、そっと、目立たないような表示です。

 

近寄ってこれを撮影していたら職員さんが「どうぞ」と声をかけてくださいました。

そんなつもりはなかったから、私の持っているカメラはニコンクールピクスA300自慢じゃないですがコンパクトデジカメでもかなりな安価版。

「そんなことなら一眼レフを持ってきたのに」

コンパクトデジカメは手動でピントを合わすことができないのです。

というわけで、正直に~

f:id:babayaga2101:20170726214315j:plain

ピンボケになりました。

先に紹介した「撮影可」の表示がどこにあるかわかりますか。

 

 

f:id:babayaga2101:20170726214410j:plain

おもしろいというか

興味深いことに、画面左側のガラスケースは撮影禁止。

「景色として写るのは構わないでしょう」と

職員さんは言ってくださったのですが・・・・

意地で撮影禁止部分はぼかしておきます。

 

さて、

次の展示室に入ると

これまた目立たない位置に「撮影不可」表示。

撮影不可だから、撮影不可表示も撮影できないのですが・・・・

私は、この部屋の棚田氏の作品が良いと感じました。

#鬩ぐ で検索しますとこの部屋の作品を紹介するページもあります。

注意深く見ないと気付かないような表示です。

このウェブページを作った人が特別に許可を得たのかどうか

調べる気にもなりませんが

私は、

このようなバイオレーションを含めて

見学者が企画者に試されているような気がしました。

 

そして

 

f:id:babayaga2101:20170726215329j:plain

これは、

なかなか良いと

思いました。

だから

A300ながら

精一杯頑張って撮影しました。

 

そして

 

頑張らなかったのが下

f:id:babayaga2101:20170726215723j:plain

でも

これって

逆光ですから

ストロボを焚かないときれいに映らないと思うのですが・・・・

 

仕方がないからレタッチします。

f:id:babayaga2101:20170726220008j:plain

 

受付の職員さんに尋ねたのですが

「撮影可」が

作者の強い意向なのか

学芸員さんと作者のコラボなのか

意見を尊重する度合いのことなのですが

よくわかりませんでした。

ただ

この美術館の入口には、館内撮影禁止の表示がありましたから

基本的な美術館のポリシーではなさそうです。

また、部分的に「撮影禁止」になっている理由も

推察できませんでした。

 

うがった見方をすれば、見学者が試されているような気もしました。

 

美術館の撮影可については、改めて書きます。

 

なお

ブログにアップする写真は、横500ピクセル程度に縮小することにしているのですが、このページでは、単純なミスで、大きな画像をアップしてしまいました。

 

今のところはてなブログでアップした画像を消去する方法が

私にはわかっていません。

 

ページからは削除できるのですが

大きな画像をアップしてしまった以上、

それが削除できないなら、そのまま貼り付けておこうと考えました。

というわけで

取り急ぎアップします。

 

 

 

 

 

伊丹市立美術館

2017年7月25日(火)伊丹市美術館へ「OJUN、棚田康司「鬩ぐ」展」を見に行きました。

NHK日曜美術館のアートシーンで紹介されたからです。

そうでなければこの展覧会に気づかなかったでしょう。

作者は、お二人とも知っていました。

どちらもネットサーフィンで知りました。

 

ネットサーフィンで知っていたから、テレビで紹介されたとき、「この展覧会を見たい」と思ったのでした。

 

伊丹市美術館訪問は、2回目で、経路を検索しなおさなければならないような、別の言い方をすれば馴染みのない美術館です。

 

梅田から阪急電車に乗りました。

阪急特急って塚口にとまらないのですね。

というわけで西宮北口から各駅停車で引き返しました。

 

以前に何を見たのか

すぐには思い出せなかったのですが

美術館そのものには良い印象が残っていました。

 

入場券売り場に行列ができているのに

窓口は余っているのに

カウンターの中にほかの人がいるのに

二つ目の受付を開かない美術館で

客を待たさないのが最高のサービスだと思っているものですから

「京都のサービスは、そんなものか」と怒鳴ったことがありまして

私は、机を叩いて怒鳴る癖があるものですから

大理石を叩いて痛い思いをしたものでした。

こんな美術館は、少々企画が面白くてもなるべく行かないようにしているのですが

逆に

伊丹市美術館は良い印象が残っているので、

少々遠いのですが、今回はウキウキと出かけました。

 

f:id:babayaga2101:20170726163931j:plain

道路を渡って反対側から写しました。

屋根のせいか古い土蔵のようにも見えます。

何かの建物の活用かと思ったのですが、ウィキペディアで調べると1987年開館。

ということは、美術館のために作られた建物なのでしょうね。

f:id:babayaga2101:20170726164907j:plain

これは景観構造物でしょうか。掲示板でしょうか。

f:id:babayaga2101:20170726165000j:plain

これが入口。

道路に向かって、大きな白壁と小さな入口

入るのに気後れしそうな風格があります。

威圧感ある入口をくぐると、職員さんはフレンドリー

気分の良い美術館です。

 

そして

もっと気分が良かったのが

部分的写真撮影可

「 #鬩ぐ で交流してください」

とのこと

 

これは、新しい芸術の姿だと考えます。

長くなったので、別にテーマを設定して書きます。

 

というわけで、ここは、伊丹市立美術館という表題にしました。